ゲームブック 温故屋

水本シズオと申します。「ゲームブック」の話題が中心のブログです。

「第20回文学フリマ東京」を振り返ります

「第20回文学フリマ東京」で「ゲームブック温故屋」のブースに訪れてくださった皆様、改めましてありがとうございました。
多くの方とお話しすることができ、数日たった今でも幸せな気分にひたれています。直接本を売るという機会が少ないので、つい興奮し、変なテンションで購入してくださった方々に話しかけてしまいました。相手をしてくださった皆様、すみません、ありがとうございます。
ブースに訪れてくださった方は、昔ゲームブックをやりこんでいた方から、今回初めてゲームブックに触れる方まで本当に様々でした。
作品のご感想やアドバイスなどありましたら、お寄せいただけるとありがたく存じます。


以下、印象に残ったことをつらつら書いてみます。

・「文学フリマ東京」のカタログ
気になっていた「第一回文学フリマ金沢」のレポートが掲載されていて、たいへんありがたかった。文フリでも委託をおこなうことってあるんですね。地方開催はなかなか足を運ぶことができないので、今後別の地域で開催するときも「委託」ができるようになればいいなあ。
文フリは今年9月に大阪、10月に福岡、11月に東京で開催されるようです。

・「北海道コミティア」がきっかけ
開場してすぐに、以前委託した「北海道コミティア」で「ゲームブック 温故屋」を知ったという方が訪れてくださいました。委託でも、こうしたつながりを感じることができるということに感動。テンションあがりました。ありがとうございました。

・二度訪問
ブースに一度訪れてくださったあと、時間を置いて再度ブースに来てくださり、激励の言葉などをかけてくださる方が数名いらっしゃました。ありがたし。

ゲームブックといえば?
イベントのたび、何人かの方に子どものときに遊んで印象に残っているゲームブックを聞いているのですが、今回は「ドラクエ」のゲームブックをあげる方がもっとも多かった気がします。「ソーサリー」や「ファイティング・ファンタジー」は意外と少なかったですね。

・お隣は「お〜もりのゲームブック」さん
しめしあわせたわけではないですが、今回も同じタイミングでの文フリ出店となりました。文フリ初販売となる『絶海遺跡プラトイム』は約500ページの超大作!
文フリの翌日開催だった「ゲームマーケット」にも出店されるということでした。お疲れ様でした。

・松坂健さん
ファイティング・ファンタジー・シリーズの『運命の森』『死神の首飾り』『サムライの剣』などの翻訳を担当された松坂健さんが、ブースを訪れてくださいました。ゲームブック全盛の時代を知る方のお話をいろいろ伺うことができ感激。「こうしてゲームブックを制作している人たちが今もいるのはうれしいね」ともおっしゃっていただき、また感激。
(※お名前をブログに載せること、ご本人の了承を得ています)


以上、簡単に当日のご報告まで。
イベントにかかわられたすべての皆様に感謝申し上げます。
今後とも「ゲームブック 温故屋」をよろしくお願いいたします。

ゲームブック 温故屋
水本シズオ
ゲームブック温故屋のホームページ
E-mail mizumoto.book★gmail.com (★を@へ直して下さい)